融資のコミットメント・リボルビングって?

キャッシングベスト3

銀行融資枠のコミットメントラインとリボルビングラインって何?

私は、融資を銀行に頼みたいと思っていて、銀行の融資について調べています。銀行の融資に、コミットメントライン、リボルビングラインというのがあったのですが、これの違いは何ですか?

非常時のためのコミットメントライン!通常利用はリボルビングで!

銀行の融資の、コミットメントライン、リボルビングラインの違いは、コミットメントラインは、事業をしていく中で、何か問題が発生した時、トラブルが発生した時のための融資になります。ですので、通常の経営に関する費用には利用できません。

その反対にリボルビングラインは、非常時ではなく、事業の通常の経営費用の準備などの融資です。

これらは一定の期間の間でしたら、契約した融資額の中でなら、いくらでも借りることができる契約です。その中でなら、借りるたびに契約の手続きをする面倒をはぶけます。

これらは、事業をする人たちにとってとても心強いしくみですが、融資ということは返済の利息がかかります。そして、これらのしくみを利用するのにも費用がかかるので、そのことを忘れてはいけません。※よりわかりやすく解説してくれているサイト様 → 「プロミスで借りる.com」

しかし、どんな企業でもこの融資を受けられるわけではありません。融資してもらうには、事業の未来が明るいと思われるような業績があることなど、信用できる企業か調べる厳しい審査があります。

審査は厳しく融資されるまで準備は大変だと思いますが、融資されるよう頑張ってください。

融資のリボルビングを利用するメリットとデメリットについて

リボルビング払いと言う言葉を聞いた事がないと言う方は、借金をしてる方ではあまりいないのではないでしょうか。基本的に、カードローンなどの支払いは、リボルビング払いとなってる所が多いようです。

リボルビング払いとは、借りた金額がいくらでも毎月の支払額が一定と言う支払い方法です。厳密にいうと、○○円から○○円の借入の時は毎月の支払いがいくら、○○円から○○円になると毎月の支払い額がいくら、と言うように、決められてたりします。基本的に、借りる額が増えても、そこまで増えない限り支払い額は一定の為、毎月の負担がとても軽減されると言うのが、リボルビング払いのメリットとなってます。いくら借りても、少ない額を返済しておけばいいので、毎月楽に生活する事が出来ます。

リボルビング払いのデメリットは、なんと言っても融資の支払う金利がとても高くなってしまうと言う点にあります。支払い回数が増える為、必然的に金利は高くなることになります。そして、毎月の返済額がとても少ないので、いつまで経っても返済が終わらないと言う事もデメリットになってきます。返済額が少ないのは良い事ですが、その分金利としてかかってくると言う事ですね。

お金がない時だと、とても助かりますが、総支払額が増えてしまうと言う事を考慮に入れて返済をコントロールしていくと良いでしょう。住宅ローンの支払いに、繰り上げ返済と言う返済方法があるのと同じく、キャッシングの支払いも繰り上げ返済が可能です。繰り上げ返済と言うのは、毎月の支払いにプラスして、返済をすると言う事になります。そして、繰り上げ返済で返済した分は元本に充当される為、一気に残高が減ると言う計算になります。

お金にある程度余裕がある時には、繰り上げ返済をしていく事により、融資の総返済額を減らす事が可能になります。リボルビング払いには、メリットとデメリットがあると言う事を充分理解した上で、キャッシングのリボルビング払いを利用することをお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «都民共済で格安ブライダル»結婚に向けて融資!優良金融紹介! All Rights Reserved.